ブログトップ

タロッズワールド

boot.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

SQLサーバーへの接続トラブルその1

  大抵、自分がネットで調べることになるトラブルの大部分は、ネット
 検索の上位に書かれているような単純な問題が原因ではない。
  ネットで検索上位に来ている問題は初心者が直面するようなものが
 ほとんどである。
  もちろん検索条件をいくつも絞り込むと該当する問題にめぐりあう
 こともあるので要は探し方次第ともいえる。
  しかし、いずれにせよ会社で管理者として業務するレベルならば、
 トラブルに直面した場合、原因をネットで調べる場合、次の点はよく
 心得ておく。

・同じエラーメッセージでも、多数の原因が存在する。
・ハード・ソフトの両方がまったく同一環境でない限り、原因は異なる。
・ネットの質問投稿で解決を図らない。
・ネットの回答の多くは一方的な思い込みや、狭い知識や経験でものを
 言っていることが多い。

 今回、次のSQL接続エラーの問題調査を開始。

 内容: ある一定条件の場合にSQLサーバーに接続できない。

 条件とは、まずWindows7パソコンから、あるソフト(以後AAA)を使って
 社外で携帯網からインターネット接続。
 さらに、VPNソフトを起動し、社内LANへ接続した環境で、ACCESSの
 データベースを開きにいく。
 すると次のエラーが出て、SQLサーバーへ接続できない。
 --------------------------------------
Microsoft SQL Server ログイン
接続できませんでした。
 SQLState: 'S1000'
SQL Server エラー: 0
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver]SSPIコンテキストを生成できません。
 --------------------------------------
 Windows7 マシンは、32bit版2台と、64bit版2台で行なっても
 社内LANでは問題なし。フレッツ接続+VPN接続でも問題なし。

 自宅やホテルのLAN(インターネット接続可)環境でVPNソフト起動し、
 ACCESSのデータベースを開く場合、Windows7でも問題ないのである。

 よって、WEBで頻出の64bit版でSQLサーバーが認証出来ないとかではない。

 同じVPNソフト(XPとWindows7で同じ)と、PPPソフト(XP版)
 の組み合わせによるWindowsXP パソコンでは問題が発生していない。

  
 それなら、もう携帯網接続するソフトAAAとWindows7の組み合わせの
 場合ってことで、AAAが問題なんじゃないか?と思われるかもしれない。

 それをこれから証明していかなければならない。

 まずは、AAAを提供しているベンダーに問い合わせであるが、自分の会社
 のような使い方をする環境をもっているとは思えないのであまり期待しては
 いけない。

 この先の経緯は、また別途記述していく予定。


 追記1: モバイルソフトベンダーの回答はVPNソフト側のPPP接続
     の場合のMTUを変えたら治った事例があるらしいとか。

     Windows7 上でイーサネットではなく、PPP接続する場合に使う
     MTUの値が違うことがあるらしい。

     そこでまず、レジストリでVPNのMTUの設定値を確認したが、
     設定値は1種類しかないようだった。

     次に、ping -f -l コマンドを利用してパケット分割の発生する
     サイズを調べたが、イーサネット接続とPPP接続でサイズに
     違いは見られなかった。

     MTUの問題ではない。

     未だ、Windows7のPPP接続の場合だけかどうかは不明。

     急ぎで解決する必要にせまられていない為、少しずつ調べる予定。
[PR]
by tarrods | 2011-07-28 09:27 | IT関連